不動産購入と頭金

不動産購入と頭金

不動産購入と頭金

不動産を購入しようとしている人は頭金を用意しておいた方がいいのですが経済状況によっては誰もが不動産を購入する際の頭金を用意できるというわけではないと思います。では不動産を購入する際の頭金を用意できない場合にはどうすればいいと思いますか?いくつか方法はありますがまず頭金不要の住宅ローンもありますからそちらを申し込んで不動産を購入するという方法がまず一つ目にはあります。そして社内融資を利用するという方法もあります。社内融資を借りるときにはその会社によって基準などが違っていますから一度自分の働いている会社に問い合わせてみましょう。他にも不動産の頭金を用意する方法としては提携ローン付きの不動産物件を購入するという方法があります。

 

提携ローン付きの不動産分譲住宅というのは、ほとんどの場合が不動産の価格の95パーセントくらいの値段まで貸し付けしてくれるそうですから頭金は5パーセントでいいことになり不動産購入の際に頭金が少なくても購入できます。そして不動産購入の際に公庫融資を利用するというものもあります。こちらの公庫融資で不動産を購入する場合には購入価格の8割以上超えても融資してもらえることが可能なので頭金が全くなくても不動産購入ができます。

不動産競売というのをご存知でしょうか?不動産競売のメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。不動産競売のメリットとしてはまず不動産を競売で購入する場合には一般的な価格で不動産を購入するよりも安く購入することができるのがメリットだと思います。また不動産競売というのは、不動産会社などが卸売市場で不動産を購入するのと同じようなもので競売で落札可能かどうかな入札価格をいくらに設定するのかによって変わってきますが、不動産競売で不動産を購入すれば割安に不動産物件を購入することができるのがメリットではないでしょうか。不動産競売は裁判所が行っている競売入札ですから特に資格などなしに誰でも入札可能です。

 

では不動産競売のデメリットは何でしょうか。不動産競売のデメリットとしては、不動産競売は普通の不動産取引とは違っていて説明を受けて不動産を取引したり、質問をするということができません。ですから不動産取引のすべてを自己責任の上で判断しなければいけませんし、不動産競売の建物というのは中を見て選ぶことができませんので、不動産競売で不動産を手に入れた場合に後からなかを見て状態が最悪であっても自己責任になってしまうのがデメリットではないでしょうか。

私道と不動産について紹介したいと思います。まず指導というのは、個人や法人が持っている道のことで一般的な道路というのは、市町村や県、国が所有している公道なのですが私道は個人の持ち物です。私道というのはほかの人が所有している不動産の一部ということになりますから何をその不動産である道に手を加えることはできませんし、加えるときには許可がいります。水道管の工事やガスの工事を不動産の一部である私道で行う場合には許可がいりますし、許可が下りないこともあります。承諾をしてくれない場合にはハンコ代、承諾料を支払うように請求してくる不動産持主もいます。

 

私道を毎日通らなければ自分の不動産の持ち物に行けないという土地を購入する人の場合にも不動産である私道の持主に一言許可を得てから通らなければいけなくなるわけでいろいろと私道となるとややこしいことになるのが現状です。不動産の私道は一人が持っているだけに限らず数人で私道を所有していることもあります。この場合には不動産の関係がまた一段と複雑になりますから注意が必要です。不動産を購入する場合には私道についても確認をしておいて私道に面していないかどうかもチェックしておくのがいいかもしれませんね。

不動産業界というのは実は転職率が高いといわれていますがご存知でしょうか?不動産業界で働いている人の多くが、最初はどこか違う職場で働いていたのですがいろいろと事情があって転職してきたという人が多いといわれています。なぜ不動産業界へは転職者が多いのでしょうか。不動産業者というのは個人で経営している人が多かったり、中小の大きさの不動産業者が多いことから転職者が多いといわれています。不動産業界を第二に転職先に選ぶ人が今増えていますし、第二以外にも第三、第四という形でいくつか仕事を転々とした後に不動産業界に転職している人は多いのだそうですね。

 

なぜ不動産業界への転職が多いのか、他の理由としては、不動産業界中途採用も多くしていることもその一つです。新卒の採用よりもどちらかというと社会経験もある人材を不動産業界では求めていることからいろいろな業界で今まで経験を積んできた人たちを対象にして中途採用を行っていることが多いのです。不動産会社の営業マンと話をしてみるともともとは違う職種をしていたとか以前は違う営業の仕事をしていたという人がとても多いと思います。不動産というのは高額な買い物をすることになりますから買う方としても経験のない新卒の社員に任せるよりも社会経験がある中途社員に任せる方が安心という見方もあります。

不動産を購入した後には毎年固定資産税という税金を支払わなくてはいけないことになっています。不動産の固定資産税の金額というのはその不動産の価値によって変わってきます。不動産を購入した後には不動産の住宅ローンだけを返済していればいいという人も多いかもしれませんがそのほかに実は固定資産税という都市計画税を支払う義務があります。この不動産の固定資産税というのは市町村税になって税率というのは市町村によって違うのですが一般的には不動産の固定資産税評価額の1.4パーセントを支払うことになっています。不動産が住宅用地の時には2おお平方メートル以下の部分は小規模住宅用地になって固定資産税評価額の6分の一だけが課税標準の金額になっています。不動産の住宅用地が200平方メートルを超えるような大きさの場合には一般住宅用地とイことになって軽減が3分の一になります。

 

不動産物件は住宅だからと言って軽減されるとはないのですが平成18年の3月31日までに新築住宅で不動産を取得している人に限っては、3年間は税金の額を半分にするという減税措置が取られているようですからこれまでに不動産で新築を取得していた時には3年間半額の固定資産税でいいわけです。


ホーム RSS購読 サイトマップ